HOME > 野球肩・肘解消コラム > 結論、野球肩は股関節で治す!

野球肩・肘解消コラム

< 野球肩の痛みの原因は...股関節にある!?  |  一覧へ戻る  |  野球肘と関連のある筋肉はこれです! >

結論、野球肩は股関節で治す!

野球肩 40歳 男性

現役を引退してから15年、昨年からまた野球を始める。

以前痛めた肩の影響で塁間はおろかキャッチボールさえも出来ないレベル。

問診をした後にシャドーピッチングをするが痛い…肩甲骨の可動域、股関節の動きもガチガチ。

まず肩を触る前に、股関節の可動域を良くするために、大殿筋、中殿筋を緩めます。ほとんどの人がヒーヒー言うくらい痛がります。ガチガチに硬くなっています。右投げの場合は左の股関節の方が硬くなります。これを緩めないと下半身の動きが悪くなるので上半身だけで投げるようになります。いわゆる手投げの状態です。

次に肩甲骨の周囲を緩めます。肩甲骨周りの筋肉は複雑なっていて、特に小円筋付近は色んな筋肉が重なりトラブリ安くなっています。

すべての治療が終わり、再度シャドーピッチング。
「痛みが無い!」と驚いた様子。「こんなに腕を振れたのは何年ぶり!」
「もう一度投げれる日が待ち遠しいと嬉しい」とコメントをもらいました。

野球肩は殿筋、前腕、背筋、そして肩甲胸郭関節の動きが滑らかになることが必要です。
今回のケースは肩甲骨と肋骨がへばりついて全く動きませんでした。あと数回施術すれば普通のキャッチボールは十分可能になります。もう少しだけ頑張って通院してください。大好きな野球を汗一杯かいて楽しみましょう!



< 野球肩の痛みの原因は...股関節にある!?  |  一覧へ戻る  |  野球肘と関連のある筋肉はこれです! >

このページのトップへ