HOME > 野球肩・肘解消コラム > ボールを強く握るクセは...肘を傷めます。

野球肩・肘解消コラム

一覧へ戻る  |  肘の痛みで、こんな勘違いしていませんか? >

ボールを強く握るクセは...肘を傷めます。

野球肘14歳 男性 野球部(キャッチャー)

 
1ヶ月前、右ひじ内側に痛みが出る。痛みでファーストまで投げられない。

 整形のレントゲン検査で野球肘と診断される。

 
近くの整骨院に通院するが電気治療だけで全く変化がないので友人の紹介で当院に来院する。指を強く握ると、右ひじ内側に疼痛が発症する。


シャドーピッチングでは痛みが確認できなかった。

 
聞くところによると、この炎天下で朝の10時から夕方5時までの練習らしい。そしてボールを強く握るクセがあるとのこと。これは前腕屈筋群や伸筋群に負担がかかり、肘を傷めるポイントになりますので要注意です!

 
完全に練習のやり過ぎで、疲労の蓄積です。 短時間で練習できるように、創意工夫が必要だと思う。ダラダラした練習がスポーツ障害を引き起こす原因かも。。。


棘下筋と関係する大結節付近に圧痛があり、前腕屈筋群、円回内筋がガチガチだった。

この症状は悪化すると関節鼠(離断性軟骨炎)に進行するリスクが高まります。

 野球肘は関節鼠や尺骨神経炎の初期症状と似ているので注意が必要です。

 

 





一覧へ戻る  |  肘の痛みで、こんな勘違いしていませんか? >

このページのトップへ